こんにちは、司法書士の村田です。

今回は、前回の失踪宣告からの流れで不在者財産管理人についてです。

不在者財産管理人とは、一言でいうと、行方不明者(不在者)に財産がある場合に、その管理をする人のことを言います。この不在者財産管理人は、家庭裁判所に選任の申立を行えば、家庭裁判所が選任します(弁護士が選任されるケースが多いです。)。申立の際に不在者財産管理人の候補者を指定できますが、必ずしも選ばれるわけではありません。

選任の申立てでよくあるケースとしては、相続人が行方不明で遺産分割協議ができない場合や、共有不動産の共有者の1人が行方不明のため不動産の処分ができない、といった場合です。

現在、当事務所でも遺産分割協議のための不在者財産管理人の選任申立を行っています。先日、家庭裁判所から不在者財産管理人の選任の審判があり、弁護士の方が管理人として選任されたため、その引継を行いました。
今回のケースは、遺産分割協議のための不在者財産管理人の選任で、遺産分割後に相続財産である不動産を売却し、相続債務の弁済を予定している案件でした。

管理人の方にも事情を察していただき、できるだけ早めに遺産分割を終了させて売却手続きに入れるようにしてくれるとのことでした。ただ私自身、選任の申立前から依頼者の方から色々相談を受けており、事情は良く知っているので、また何かあればいつでも連絡頂ければという旨を依頼者の方と管理人の方に伝え、無事引継が終わりました。
もちろん、不在者財産管理人についての引継が終わっただけで、遺産分割後の相続登記の際には、また私の出番が回ってきます。場合によっては、そのあとの売却手続きにおける所有権移転登記手続きにも関与していくことになると思います。

このように当事務所では、様々な手続き・案件のご相談を承っておりますので、お気軽にご相談頂ければと思います。